M’s BOX

アクセスカウンタ

zoom RSS 異国の旅―17 スペイン紀行【前編】

<<   作成日時 : 2015/02/08 15:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

国土は日本の1.3倍で、なだらかな丘、平原が広がる。
「Hola!(やあ!)」「Gracias(ありがとう)」で事足りる、明るく気さくな人々。
ローマ、イスラムの歴史や偉人の文化遺産、自然遺産等、44の世界遺産。
そんなスペインで過ごした8日間の旅、前編。
画像


初日(1/22) 【関空、ヘルシンキ、バルセロナ泊】
画像


関空から向かった先はフィンランド、ヘルシンキ空港。
EU入国となるので、ここで入国審査を受ける。
バルセロナ行き乗継待ちで2時間程、ヘルシンキ空港内を散策。
外はマイナス5℃だが、空港内は国内(EU)便を利用する乗客で熱気にあふれていた。
お馴染みムーミンの店は大人気。
画像 画像


フィンランドからスペイン バルセロナまで約3時間。
満席だったが、隣席のフィンランド人とチャレンジング カンバセーションで時間を過ごす。


2日目(1/23) 【バルセロナ観光、バレンシア アルファファール泊】
画像


スペイン観光初日はスペイン第2の都市、街中にアートが溢れるバルセロナ。
今回の旅一番のお目当て、「サグラダ・ファミリア」。
画像
2025年完成に向け、内装はほぼ完成。外観工事も目途がついたそうだ。

流暢な日本語をこなすイケメン現地ガイドの案内で、教会内を見学。
画像 画像


1時間ほどの自由時間、館内を再度巡り、記念品の物色、工事状況を確認したりしてると、昨夜の飛行機で隣り合ったフィンランド人と遭遇。
「サグラダ・ファミリア」の素晴らしさ、スペインでの「一期一会」に感動ひとしお。
画像

画像 画像


見どころ満載のバルセロナ、その他のアントニ・ガウディ作品「カサ・ミラ」、「カサ・パトリョ」は車中からの観光。
画像 画像


治安の問題からか限られた地区だけだったが、カタルーニャ広場でバスを降り、旧市街の「、カタルーニャ音楽堂」から「凱旋門」への散策でアートの街を満喫する事ができた。
画像 画像
カタルーニャ音楽堂と外壁の守護聖人彫刻
画像 画像
旧市街の通りと凱旋門。街行く女性、レンタサイクルも絵になる。

バルセロナ オリンピック選手村跡の港周辺、魚介レストランでの昼食は「シーフード パエリア」
画像 画像


ここでバルセロナとはお別れし、高速道路(AUTOVIA)を専用バスで南西に100km強。

画像
タラゴナの郊外、ラス・ファレラスの水道橋に立ち寄る。

この後、カタルーニャ州からバレンシア州に入り、二日目の宿泊地アルファファールへ。


3日目(1/24) 【グラナダ観光、グラナダ泊】 
画像
 

この日も朝から”AUTOVIA”をバレンシア州からムルシア州を抜け、アンダルシア州 コルドバへ向け南西に走る事533km。
バスの車窓にはザクロ畑の村落、広大な平原やオリーブ畑、冠雪したシエラ・ネバダ山脈が見える。

午後2時過ぎ、イベリア半島最後のイスラム教国だったグラナダに到着。
2連泊するホテルにチェックイン後、「アルハンブラ宮殿」、「ヘネラリーフェ庭園」を訪れる。

華麗なイスラムの建築と装飾の数々、水と緑に包まれた庭園、高台から見下すグラナダ市街の眺望、感動の声、ため息が続く。

画像 画像


画像 画像


画像
日も大きく傾き、グラナダの夕暮れ迫る光景を見た。

心地よい疲れと感動を持ってスペイン3日目、夜の帳も下りた。

旅先での連泊はありがたい。
ロングドライブ、アップダウンする宮殿内の散策に疲れ、夕食後は早々に就寝。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ホームページ制作はD131

異国の旅―17 スペイン紀行【前編】 M’s BOX/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる