M’s BOX

アクセスカウンタ

zoom RSS 異旅-24 夢が叶った北欧旅行 【スウェーデン編その2】

<<   作成日時 : 2018/06/03 15:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

早朝、ホテルで貰った散策マップをもとに周辺をウォーキング。
徒歩・自転車で駅や職場に向かう人、子供を保育所に連れて行く途中のイクメン。スウェーデン郊外住宅地の日常風景を垣間見る。
犬と散歩する老人に「グ モッロン」と挨拶すると、丁寧な英語で話しかけられた。
画像


老人「何処から来た?」「スウェーデンは好きか?」  私「オフコース、ワンダフル」
スウェーデン日常語メモを見て「ヘイ ドー(さよなら)」と言った際、老人の顔に満面の笑みが広がる。
「Enjoy your trip! 」

旅の6日目(5月14日)、午前中はストックホルム市内観光、午後一杯フリータイム。
他の団体旅行グループに先駆けて向かったランドマーク「ストックホルム市庁舎」は、皆同じ思いか入場待ち(笑)
画像

ノーベル賞公式晩餐会の会場「ブルーホール」と舞踏会が開かれる「黄金の間」
画像
 
画像

ノーベルメダルと受賞者のメダルレリーフ
画像 画像

記念品の買い物コーナーは大混雑の為、午後からのフリータイムで再訪する事にし、ガムラ・スタン(古い街)に。

中世の街並みを残し、魔女の宅急便のモデルにもなったという、王宮や歴史的な教会が集まるエリア。
その中核は「王宮」
画像
 
13世紀に建てられたストックホルム最古の教会で、王室の結婚式や戴冠式が行われるという「大聖堂」
画像

ここでオプショナルツアーに参加するグループと分かれて、自由行動。
「ノーベル博物館」でメダルチョコレートを買おうと思ったが、月曜は休館日。
画像

画像 画像
市庁舎でよく似たチョコを買うことにし、ガムラ・スタンを歩き回ると、交代から戻る衛兵達と出会った。カフェでくつろぐ人達の姿にも和まされる。

ガムラ・スタンを後に橋を渡ると、国会議事堂の中央から真っすぐ、ストリートがノッルマルム(新市街)の中心まで続く。
画像

橋から見る「オペラハウス」方向の風景もストックホルムを象徴。
画像


朝方訪れた市庁舎へ戻り、土産物コーナーへ入ると日本人のスタッフが優しく対応してくれた。
昼食は彼女お薦めの市庁舎食堂で。
画像 画像
リーズナブルなランチと初夏を思わせる陽気の市庁舎庭で英気を養い、ストックホルム中心街へ向う。

あまりの暑さに、本場H&Mで相方が夏用Tシャツを購入。スーパーマーケットで土産の食品類を物色した後は、早々にホテルへ戻る事とした。
画像


ストックホルム中央駅も多くの人で、ホテルがあるソレンチューナ駅までの近郊電車チケットを購入するのも行列。
画像
 
画像


電車内とソレンチューナ駅
画像 画像


ストックホルムの街歩きを堪能し、夕食はホテル前のショッピングセンターで総菜とビールを購入。
最終日のフィンランド観光、帰国に備えたパッキングを終え、この日も明るいうちに(現地時間夜10時前だったが:笑)就寝。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ホームページ制作はD131

異旅-24 夢が叶った北欧旅行 【スウェーデン編その2】 M’s BOX/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる