【西国三十三所】十番「三室戸寺」・十二番「岩間山正法寺」

2年ほど前より、「西国三十三所」のお寺を意識的に巡っている。
巡礼の旅としては異端で、順番を意識するでも無く、熱心にお経をあげるでも無く、”納経印”を頂くこともしない。 

画像

ただ、夫婦して歴史に残る名刹を訪れ、仏像・伽藍・塔を眺め、四季折々の花を愛で、季節の移ろいを感じ想い出を画像に残し、JRで入手した「駅からはじまる、心の道しるべ」なる小雑誌にマークするだけのことである。
ブログの新しいカテゴリーに「西国三十三所」を加え、足跡を整理していきたい。

昨日6月18日は宇治の「西国十番 三室戸寺」「西国十二番 岩間山正法寺」を巡ってきた。

「三室戸寺」はツツジ、シャクナゲ、アジサイ、ハスで有名な「花の寺」でもある。
アジサイが、正にジャストインタイムで、先週から大勢の参拝客で賑わっている為、休日としては早目に車で出発した。近畿自動車道、名神高速、京滋バイパスを利用し大阪市内の自宅より何と1時間足らずで到着。
(標準速度遵守。途中の混雑も無く、快適なドライブ。)

アジサイ1万本、ツツジ2万本が境内に植えられており、多彩多種のアジサイが咲き誇る様は圧巻だった。
150種あるといわれるハスも本堂前でピンクの花を開きだしており、カメラアングルに事欠かない境内の情景である。
2時間ほどアジサイの花をデジカメで記録し、愛で、堪能した後、宇治市内で昼食。

その後30分ほど走って、滋賀県と京都府の境に位置する岩間山頂の「正法寺」へ。

境内の「厄(ボケ)除け観音」のご利益が篤いとの事で、夫婦して真剣に参拝する。
境内にある桂の古大木が発散する霊気。かって奥の院だった「奥宮神社」に続く巡礼古道の静謐さ。
奥宮神社本殿横からの心安らぐ琵琶湖眺望。

梅雨の合間のひと時、有意義な週末の一日であった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年06月25日 00:33
いつもコメント頂き有り難うございます。
又、日頃、Sugar-Gardenさんの精力的なBlog記事掲載に感服しております。
イタリアの記事も毎度心待ちにしてます。
異邦人が見る風景と、日常の差異を知ることも
旅のおまけで、大きな楽しみです。
今後とも宜しくお願いします。
Sugar-Garden
2005年06月28日 10:11
Mさん、こんにちは。
私の稚拙なブログの記事を読んでいただきありがとうございました。感謝です。
熱中しやすい性格なので、ブログに振り回されてしまいました。自分のペースが保てなくなってしまったので、しばらくブログを閉じることにしました。
花はなアルバム(ニックネームはDOJI3)は残してありますので、よろしかったらご覧ください。

この記事へのトラックバック