丹波での好トレ活動

10月神無月に入り、あれこれと行事続き。
2日午前中、孫息子の運動会観戦を皮切りに、火曜・金曜午後は定例の小遣い稼ぎアルバイト、水曜・木曜は「好奇心トレーニングセンター」の事務局活動、金曜夜は東住吉を元気にするラウンドテーブル(Join us Nappy:じょいなす・なっぴー)参加、7日(日)孫娘の幼稚園運動会で一区切り。

画像


3日水曜日は丹波市春日町に出かけた。
今年の2月、facebookで再会した旧友たちと起ち上げた「好奇心トレーニングセンター」(略称:好トレ)活動の一環で、兵庫県丹波市に"健康"をキーとした拠点作りの計画を練っている。

丹波市への初訪問は7月。
普段は無人の立派なお屋敷で、卓付きの大きな囲炉裏で地元産の肉、鶏、あまご、野菜を食べ、飲みながら丹波市の自然、名所、名品を地元キーマンの方からお聞きした。そのお屋敷に泊まり、クーラーいらずの清々しい空気と満天の星空は忘れられない想い出となった。
画像


2度目は9月。
四季折々の観光スポット、地元の名士、産業、などの状況をヒアリング。

そして、今回3度目の訪問では、地元キーマンにご案内頂き、農地や名所の見学、地元で活躍されている方ともお会い出来た。

画像
この時期、あちこちに彼岸花が咲き乱れ、青く澄んだ空と緑の田畑に鮮明な赤いアクセントを加えている。

画像 画像
放置状態の菊芋も鮮やかな黄色い花をつけ、根にはしっかり芋が出来ていた。

画像
丹波市春日町にある「大納言小豆」発祥の地を示す石碑。「幕府の大納言は殿中 で抜刀しても切腹しないですむ ということから、煮ても腹が割 れない小豆を大納言小豆と名付けた。」との事。

画像 画像
山のふもとの木工房”Wood-Top”をなさってる木工作家の乾 義弘さんの手作り時計。

画像
備前で修業し、日本人の奥さんと丹波に移り住んで陶芸を行っている外人の登り窯。

翌日は山南町の「丹波市立薬草薬樹公園」にも訪れた。
画像

珍しい薬草、薬樹だけでなく、良く知っている木にこんな効能があるのかと、再発見。
画像 画像


丹波市へはこれからも再三訪れる事になるだろうが、地元の方々と我々好トレメンバーが一緒になって新たな居場所(よりどころ)を生み出す試みが実現出来れば、「いいね!」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック