「ひら漢ノート 日本国憲法版」を発刊

「好奇心トレーニングセンター」なる任意団体を起ち上げて9か月
その間、イベントを5回実施し、様々な活動にチャレンジしてきましたが、今回は出版事業にも取り組みました。
画像


今回出版した「ひら漢ノート 日本国憲法版」には3つの意図が込められてます。

1)ひらがなを漢字に変換することによる脳の活性化
 ・ひらがなが読みにくくなる事と、運動神経の衰えには関係がある
 ・”脳”には運動機能の衰えと密接な関係がある
 ・読む・書くといった知的作業を通じて、複数の脳機能をトレーニングする

2)日本国憲法の意味の再認識
 ・日本のルールブック「日本国憲法」は65年前に公布された
 ・その間、一度も手を加えられることなく「護憲」「改憲」論議に揺れている
 ・103の条文を読み、意味を考えてみることは大きな意義がある

3)ゲームとしての楽しみ
 ・言葉の意味、前後の文章を考え漢字をイメージする
 ・PC・携帯・スマホが中心の知的作業に”手で書く”事を呼び戻す
 ・間違えず、丁寧に、どれだけの時間で書けるか

画像


「ひら漢ノート 日本国憲法版」は体力、資金力に乏しい任意団体(一般社団法人化へ準備中)が発行した為、全国書店で販売とはいうものの、目に付く機会は難しいようです。
以下の内容でお問い合わせの上、ご購入頂ければ、幸いです。(アマゾンでもお求めいただけます)

書名:「ひら漢ノート 日本国憲法版」
発行所:ホルス出版
編集者:永井 英夫
監修:好奇心トレーニングセンター
定価:本体600円+税
 
ひらがなを漢字に直して書くという、けっこう奥深い作業。
ひら漢ノートシリーズとして、日本文学、外国文学の名作選も刊行を予定してます。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック