M’s BOX

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪湾に咲く、「舞洲ゆり園」

<<   作成日時 : 2013/06/25 06:13   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

昭和60年「テクノポート大阪」計画の基本構想が発表され、以来、大阪湾の埋め立て地「咲洲(さきしま)」「夢洲(ゆめしま)」「舞洲(まいしま)」のまちづくりが進められている。

画像


南港地区の「咲洲」は住宅、ATC、WTCといった集客施設として早くから開かれ、北港南地区の「夢洲」は産業・物流拠点としての整備が進められている。
《とは言え、どちらも様々な問題があり、今後の活用検討は大阪府・市にとって多くの課題を抱えている》

北港北地区の「舞洲」は2001年にオリンピック招致が失敗に終わったものの、野外活動施設、野球場、運動広場、多目的ホール「舞洲アリーナ」、異様な景観で目を引く大阪市環境局舞洲工場・下水汚泥処理施設、物流拠点等、話題満載の島になっている。

6月9日(日)、息子一家とともに、その「舞洲」に今年出来た「ゆり園」へ出かけた。

"ゆり"は風通しが良く、水はけの良い所なら特に土は選ばないとのことで、50000uにのエリアに植えられた"ゆり"は約30万球、約50種類。

「シーサイドに、200万輪のゆりが咲き乱れる」というコピー通り、異次元空間に舞い込んだような体験を味わった。
画像 画像
生憎の曇天で、海の色、大阪湾を囲む風景は今一つだったが、オレンジ、ピンク、イエローの花が咲き乱れる光景は迫力満点。

開園期間は6/1〜7/7まで、入園料大人1,000円だが、大阪に期間限定の新しい観光スポットが出来た。

まだ整備が行き届いて無い所も一部感じられたが、梅雨の合間、初夏の一日を孫と一緒に楽しんだ想い出。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ホームページ制作はD131

大阪湾に咲く、「舞洲ゆり園」 M’s BOX/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる