異旅-20 夢が叶った北欧旅行 【デンマーク編】

数少ない海外旅行を楽しんできたが、北欧旅行は「夢のまた夢」だった。
今回の旅行は北欧4カ国を8日間で主要各地をマーキングして回る”駆け足ツアー”だったが、念願の夢が叶った我が人生のビッグイベントとなった。
先ずは最初の観光地、デンマーク コペンハーゲンの想い。
画像


コペンハーゲンには関空からヘルシンキまで10時間(時差6時間)の空路をこなし、さらにそこから1時間40分(時差1時間)でたどり着く。
エコノミー席でこれに耐える体力、気力が今回の旅行のキー。
昨年は断念した経緯があり、我が人生最後の長距離旅行と臨んだが、隣席のフィンランド人青年との交流、映画視聴等で難なく乗り切れた。
画像 画像 
ヘルシンキ ヴァンター国際空港は3年振り、2度目の到来。
前回はここからスペインへ飛んだが、今回は名古屋からの添乗員と待ち合わせ、再度フィンエアでデンマークへ向かう。日本時間では5月9日24時前だが、フィンランドは夕方18時前。

画像 画像

旅行初日の宿泊ホテル「SCANDICシューハウネン」着は現地時間20時前、日本時間は5月10日深夜3時前。
整備された市街地の閑静なホテルで、夕食後近辺を散策。夜9時過ぎ、白夜のコンビニ、食品スーパーは若者で賑わっていた。


画像
 
デンマーク最初の観光はお馴染み「人魚姫の像」
朝早くから、多数の観光客が小さな「人魚姫の像」の前にたむろする光景に、デンマーク観光都市を実感。
画像 画像
すぐ横の「ゲフィオンの泉」に、また来れるようコインを投げ込んだが、夢のまた夢になるだろう(笑)


画像 画像
デンマーク王室の居城「アマリエンボー宮殿」では衛兵の交代儀式を見る事も出来た。


画像 画像
ここもカラフルな街並みと風情で有名な17世紀からの港町「ニューハウン」
トップ写真は”アンデルセン”が住んでいたという建物で、部屋の窓の下には銘板が付けられている。

画像 画像
コペンハーゲンの街中をバスで巡回した後、有名ショップ、カフェが立ち並ぶ歩行者天国ストロイエでランチ。
その後の自由時間、ストロイエ地区を歩き回る。
お土産物ショッピングを予定していたが、この日は祭日とあって「イヤマ」「レゴ」「ロイヤルコペンハーゲン」等のお店は閉店。
お陰でスーベニール店で小物を物色したり、お茶したりして歩行者天国を楽しむことが出来た。
画像 画像


デンマーク コペンハーゲンを駆け足で回った初日、夕方からはクルーズ船でノルウェー オスロに向かう。
こちらの人達はクルーズがお好きとかで、乗船定員1,800人強の「パール・シーウェイズ」は各国の人々でほぼ満員。
画像 画像

船内で食事、ショッピングを楽しみ、翌朝は北欧2カ国目のノルウェー オスロに上陸。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック