テーマ:花、木

桜舞う季節かぞえ

河口恭吾、森山直太朗、コブクロ、彼らの歌っているメロディーが思わず口をつく。 例年より1週間早いようだが、桜(さくら)の季節が今年も訪れ、そして去って行った。 今年のお花見第1弾は、4月1日、孫達と一緒にご近所の「桃が池公園」。 前日に2歳の誕生日を迎えた末の孫娘もしっかり歩くようになり、お姉ちゃんの後をつけまわる。 ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シマトネリコの剪定

シマトネリコはモクセイ科で常緑高木または半常緑高木。原産は沖縄・東南アジアで、小さくツヤのある美しい葉と、風になびく軽やかな樹姿が魅力的。病害虫、夏の暑さにも強く、シンボルツリーとしても人気がある。 我が家の建替え時、長居公園植物園の相談コーナーに訪れて勧められ植えたシマトネリコ。 植栽時は樹高2mに満たない幼木だったが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジューンベリー収穫

衣替え、従来以上にカジュアルな超クールビズ奨励の企業も増えてきた2012年6月。 7割がた赤く熟したジューンベリーの可愛い実を収穫した。 隣家(貸ビル)から我が家の庭に張り出したビワの実も、来週あたりが収穫時期を迎える。 (写真は昨年撮影したものだが、今年も同程度の実り具合) 今年は4年前に植えたカリンも初めて花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラインガルテン・東住吉 春のイベント

区民と行政との協働で花づくり・野菜づくりを行い、緑あふれる"まちづくり"に取り組む「クラインガルテン・東住吉」。 ボランティアメンバーとして参加し、早や1年が過ぎた。 5月27日(日)は「春のイベント」として盛りだくさんの催しを実施した。 講習会は「寄せ植え」「挿し木・挿し芽」「緑のカーテンづくり」 来場者プ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花壇造り

ガーデニングの肝となる花壇造り。 自宅の花壇造りは一人で汗を流しながら行ったが、クラインガルテンのメイン花壇の改修は、2日にわたって汗を流す大掛かりな作業だった。 「クラインガルテン東住吉」」における今秋の主要活動、広場中央花壇の大盛り状態となった植栽の整理、日常手入れのし易さ等を目指した改修作業に参加した。 チェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母と子の簡単野菜作り

暑さ真っ盛り、子供達にとっては夏休み真っ最中。 「クラインガルテン・東住吉」今回のイベントは、簡単野菜作りと夏野菜の収穫。 お母さんと子供達、30人近くが参加され、屋外、しかもビニールハウスの一角で汗にまみれて作業に取り組んで頂けた。 作業は、ペットボトルを加工してプランターを作り、そこに葉野菜の種を蒔くまで行うといっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び タマゴとヤサイ

6月5日(日)から7日(火)にかけ、再び家人の実家がある金光町へ出かけた。 今回の帰省も、入院中の義父のお見舞いと、看護で滞りがちな義母の畑仕事手伝いが主目的。 義父の容態は前回と余り変わらず、顔色・肌艶は良いものの、リハビリの効果は今一つ。 単独歩行までの回復にはまだまだ時間が掛かりそうだ。 看護する女性陣を病…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花と野菜で "まちづくり"

我が町 "大阪市東住吉区"では、区民と行政とが協働して花づくり・野菜づくりを通じた緑あふれる"まちづくり"に取り組んでいる。 区が平成21年に開園した「クラインガルテン(独語で「小さな庭」を意味する)広場」は農業と緑化活動による"まちづくり"の活動拠点となっている。 この4月からボランティア活動スタッフとして、花苗育…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芽吹き時

ここ数日寒さが舞い戻ってきたが、今日は「啓蟄」 大地が暖まり、冬ごもりしていた虫が出てくる頃、木々の新芽も膨らんできた。 梅便りによると、万博公園、大阪天満宮、道明寺は満開だが、昨日訪れた「荒山公園(こうぜんこうえん)」の紅梅はまだ咲き始め。 昨年2月21日訪れた際(Top写真)は、一重、八重の花、白、浅黄、赤、・紅色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダリアが一杯「ならフェア」

4~5年前まで、花や樹木に対する興味・関心は極めて低く、植物の名前もごく一般的なもの(桜、モミジ、チューリップ、ひまわり等)しか思いつかなかった。 それなりに歳を重ねた事もあるだろうが、Blogを始めてから徐々に、家の建替えで植栽検討を進めだしてからは急速に、樹木・花等植物に関する事項が趣味のジャンルになってきた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が町-最終回 

この春から番外編、雑誌紹介も含めて5回、わが町の想いを書き綴ってきたが、今回で一旦最終としたい。 Google ストリートビューを利用する機会があり、我が家近辺もチェックしてみたところ、主要な通りがほとんど写し出されていた。 我家の前では、駐車中のマイカーもバッチリだし、近所のおばさんが話しているシーンまで写っている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土も気持ちもリフレッシュ

梅雨明けの3連休、土壌改良に取り組んだ。 土壌改良というと大袈裟だが、要は一度使った土の再生作業。 初めて植え、思いのほか収穫を楽しんだエンドウ。 可愛い花が咲き続けたガーデンシクラメン、パンジー。 それらが植わっていたプランター、コーナーの土のリフレッシュ作業だ。 先ず、土を掘り起こし天日干しする。 充分乾きき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2010年春 庭の花と木

公園の桜は散りだしたが、我家の狭い庭は春真っ盛り。 一昨年のGWに「金光植木市」で購入してきた「モミジ」は、大きく育ち、若葉が一杯張り出した。 柔らかな若葉の感触は、赤ん坊の肌に触れるような優しさ。 昨年、取っておいた球根から芽を出した「チューリップ」は、日当たりの悪さ故か、茎がヒョロリと長く延びているが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月のバケーション

天満橋八軒家浜船着き場に浮かぶ巨大な「アヒル」を見てきた。   家人と娘の買物に孫娘のお守役で同行した日曜日。               知人のブログで知り、マスコミでも紹介されたのでMyBlogへも掲載を、との念願が叶った。 高さと幅9.5メートル、長さ11メートル、鮮やかな黄色の巨大アヒルが穏やかな秋の朝日に照…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

九月になれば(Come September)

先週土曜日の「天声人語」に載っていたが、那珂太郎さんの詩「音の歳時記」では12カ月を音のイメージで表し、八月「かなかなかな」、九月「りりりりり」だそうだ。 我家では八月はクマゼミで「しゃんしゃんしゃん」だったが、九月になって朝夜はコオロギが「りりりりり」と鳴くようになってきた。 九月のリフレッシュ・バケーションも一週…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家庭菜園のことなど

大げさなタイトルを付けたが、要は庭の「コンテナ」に植えた”キュウリ”が実った事を喜んだ記事。 昨年は、”ニガウリ”と”ミニトマト”だったが、田舎から「簡単で、楽しめる(食べれる)ヨ」と苗を二本頂き、今年は”キュウリ”にチャレンジ。 結果、シッカリと実を付け、本日の夕食材料に使用。   嬉しくて、久々に一日2つ目の記事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーブと温泉に満悦

ハーブを見ていると"parsley, sage, rosemary and thyme"(パセリ、セージ、ローズマリーそしてタイム)とつい口ずさんでしまう。 『サイモン&ガーファンクル』で有名な『スカボロ・フェアー』で繰り返されるフレーズ。 19世紀ヨーロッパでハーブ売りが用いていた、売り口上の決まり文句で、さしずめ日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金光植木市

休日のETC車高速料金が千円になった影響で、このGWは大々的な渋滞が発生。 そんな中、恒例の家人の故郷、岡山金光町に出かけた。 GW初日(5/2土)、渋滞を少しでも回避しようと朝4時に自宅をスタート。 中国自動車道に入ると、車の多さは並じゃ無い。 ところが、いつも渋滞が始まる宝塚トンネル、名塩SA付近は滞まることなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジューンベリー色づく

関西の「紅葉情報」も「色づき」「見ごろ」のマークが増えてきたが、我家のジューンベリーも色づいてきた。 3月の可憐な白い花を楽しませてくれた後、名前通りに6月多くの実をつけた、ジューンベリーの3度目のお楽しみだ。  庭の「サンゴカクもみじ」も黄色く色づき、ささやかな庭の草花いじりにも喜びを見出せるようになってきた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋祭り

「コルチカム」の花が咲いた。 机の上に転がしておくと、秋頃に突然花の咲く、土も水も必要のない丈夫な植物。 (花後はちゃんと土に植えて水をあげないと生長しない) この無精者にうってつけの花は3年前に知ったのだが、今年は夏の終わりに、行きつけのホームセンターで1パック(6個入り)を購入。 我家、息子の家、会社のカウンター…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

夏の終わり

亜熱帯現象かと思うスコールも昨日まで。 今日の午後から漂いだした秋の気配を感じつつ、今年の夏のイベント二つを省みてみた。 家族を会社に招いて職場紹介を行うイベント「家族セミナー」が8/19に開催された。 個人的には、休日に子供を会社に連れて行った経験はあったが、会社行事として業務時間中に家族(子供達)に職場を見せること…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

水無月を愛でる

『花菖蒲』が咲き乱れる「城北菖蒲園」で、水無月の休日を過ごした。 170円代に上がったガソリンを使う事無く、手軽に休日を楽しもうと、我家から地下鉄、バスを乗り継いでおよそ一時間、交通費往復740円。 「城北公園」へ今が満開の『花菖蒲』を見に出掛けた。   「アヤメ」「ハナショウブ」「カキツバタ」の違いが判らないまま、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジューンベリー

先週始め、九州南部、四国は梅雨入り。 我家のジューンベリー(正式名はアメリカザイフリボク)も実が熟してきた。 ジューンベリーは、最近人気の落葉性広葉樹で、花、実、紅葉と1年に3回その成長・変化を楽しめる。  原産地(北アメリカ北東部)では六月にこの実が収穫できることから、ジューンベリー(六月のベリー)と呼ばれる。 玄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰省

4~5月のG.W.、8月お盆近辺、12月の晦日前。 ほぼ毎年これらの時期に、家人の実家がある岡山県浅口市金光町へ帰省している。 家人を筆頭とする3姉妹並びに各主人、子供達が結集し、季節に応じキャンプ、潮干狩り、海水浴、雪遊び、お餅つき等々賑やかなイベントを繰り広げている。 3姉妹一家の子供達7人中、5人が家庭を持つよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹木草花

久々に、この週末お気に入りの「ほの字の里」でユッタリとお湯に浸かってきた。 桜の蕾はまだ固かったが、駐車場横の堤防に「土筆」がまだ残っており、思わぬ収穫。   歳を重ねると花鳥風月への想いが募り、家屋建替え時のメモリアルツリー検討等も促進剤となって、樹木草花への関心が強まってきた。                   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【西国三十三所】十番「三室戸寺」・十二番「岩間山正法寺」

2年ほど前より、「西国三十三所」のお寺を意識的に巡っている。 巡礼の旅としては異端で、順番を意識するでも無く、熱心にお経をあげるでも無く、”納経印”を頂くこともしない。  ただ、夫婦して歴史に残る名刹を訪れ、仏像・伽藍・塔を眺め、四季折々の花を愛で、季節の移ろいを感じ想い出を画像に残し、JRで入手した「駅からはじまる、心…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花に清香有り

『花有清香』:有名寺院の住職・門主による揮毫が毎月掲載されているカレンダー(S急便社製で毎年無理を言って入手しているもの)4月の言葉。 「長かった冬が過ぎ、垣根越しの梅が薫りを乗せて春の到来を告げる。苦楽なき菩提心の花を咲かせる時でもある。」と解説が添えられている。 大阪は他の都市に比べ、緑が少ないと云われる。 そのよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜雑感

今週、昼間は期首の様々なイベント準備で忙殺状態。夜まで続くそれら作業の合間をぬっての飲み会。身内の昇進・挙式祝いの宴、後輩との新年度体制情報交流会等々。帰宅後ゆっくりPCに向かう余裕が無かった。 ブログ掲載記事の草稿も、断片的なものばかりで、取り留めない想いに苛められる日々であった。 そのような時期、今朝、通勤時に通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more