テーマ:芸能

7月7日はライブ2連チャン

音楽は好きだけど、演奏会、ライブに行くほどでも無かった。 ところが一昨年から、会社勤務時代の後輩達が参加してるグループのライブ(年1回だけど)に行くようになった。 しかも今回は夜もう一つ、地域の仲間が開催するのにも出かけて、ライブ2連チャン。 先ずは午後3時から、肥後橋のライブハウス「VOXX(ヴォックス)」で、平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後輩たちのLive演奏会

定年退職された先輩達をお呼びして、互いに状況報告を交わす「OB会」なんて実施してた時代もあったけど、昨今はそれどころでは無いようだ。 このようなご時勢に後輩からお声が掛かり、彼らと顔を合わせる機会が持てる事はことのほか嬉しい。 7月に入って、新たに勤める事となった会社(といっても、週2日、1日3時間のパート勤務だが)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シネマパラダイス7 (2011.3~9 観賞作品)

我が町の「駒川商店街」そばにある「タナベキネマ」は50年以上の歴史ある映画館だ。 30年位前まで、1階は邦画上映の「田辺キネマ」、2階は洋画を2~3本立てで上映する「国際劇場」だった。 その後、1階がパチンコ店になり、2階は「タナベキネマ」は洋画邦画の兼用館と成人映画専門の「国際劇場」が併設されるようになった。 「タナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

役者"原田芳雄"さんを悼む

2011年7月19日、出演する映画、TVドラマで圧倒的な存在感を示し、牽きつけられた名優 "原田芳雄"さんが死去。 71歳だった。 1970年代、ATG(日本アート・シアター・ギルド)の映画をよく見に行っていた。 ドスの効いた声、自然体の演技、時に見せる優しい眼の "原田芳雄"さんは当時から大好きな俳優だった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライブハウスなんて、何年ぶり?

音楽は好きだが、コンサート、リサイタルといった類はあまり行った事が無い。 ましてや、ライブハウスに行くなんて、学生時代(40数年前)以来の事になる。 先々週の末(7/8)、勤めていた会社のメンバーによるライブが肥後橋にあるライブハウス「VOXX(ヴォックス)」で開催され、応援と旧知の現役社員との再会も兼ねて聞きに行った。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シネマパラダイス6 《ソフィア・ローレン作品上映会》

昨日土曜日(6/11)は、先月に続き"イタリア文化会館"主催の映画会(場所も同じ「ABCホール」)で終日過ごした。 観賞したのは、ソフィア・ローレン主演の有名作3本。 3作全て製作は彼女のご主人カルロ・ポンティ、監督はイタリアのネオレアリズモの旗手、名作「自転車泥棒」で知られるヴィットリオ・デ・シーカ、共演は絶妙の相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シネマパラダイス5《イタリア映画祭2011》

今年(2011)の3月17日、イタリアは統一150周年記念日を迎えた。 古代遺跡、都市、文化、芸術、食事、あらゆる分野で魅力のある国だ。 今年で2年目の開催になる「イタリア映画祭2011」の初日「ABCホール」に出かけ、3本の最新作を観た。 イタリア映画の有名な作品を監督別に整理してみると 《個々に挙げた作品は▲以外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ノルウェイの森」公開日

スーパーマーケットがインターネットで注文を受け付け、生鮮食品などの商品を個人宅まで配送するサービス【ネットスーパー】が広がっている。価格が変わらず、品質が保証され、配達までしてくれるとなれば、納得出来る。 趣は異なるが、図書館の貸出ネット予約も重宝だ。 経費節減のあおりで、区の図書館も蔵書数が限られ、以前の様に書棚をチェ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

我家でWOWOW映画三昧

この時期、テレビ番組改編の関係で、各局ともに特番が目白押し。 長時間、似たような番組ばかりで、ウンザリだが、今年は「映画」がそれを救ってくれた。 945円/月で申込み月は無料というキャンペーンの紹介を受けて、今月初め"WOWOW"に加入した。 数年前の名作、見逃した話題作、宣伝もされ無かった作品、B級作が終日上映されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「IRIS」に夢中

体温をオーバーする気温の記録日は無くなったものの、最高気温35℃前後の日々が今だに続く今年の夏。 韓国TVドラマ「IRIS(アイリス)」も佳境。 数年前から韓流ドラマが話題になっていたが、毎週欠かさず視聴したのはこの番組が始めて。 製作費15億円を注ぎ込み、ハンガリー、日本(秋田)ロケを行った、米国ドラマ「24」を意識…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インビクタス(不屈)

クリント・イーストウッドに、また泣かされてしまった。 モーガン・フリーマンの熱演に心振るわされた。 クリント・イーストウッド監督の『インビクタス/負けざる者たち』を昨日見て、感動。 ここ数年、彼の作品には常に涙腺を刺激されている。 女性ボクサー(ヒラリー・スワンク)とそのトレーナー(モーガン・フリーマン)の ヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淋しさには名前がない

2010年1月17日、アンダーグラウンドのミュージシャン「浅川 マキ」さんが67歳で急逝。 我々世代の一部に、その美意識と共にカリスマ的存在感を与えた歌手。 寺山修二さん、北山修さんの情念こもった詩を音楽と一体化させ、聞く者の心深く楔を打ち込む様に訴えかけた歌手。 学生時代、神戸の映画館で深夜開かれたコンサート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TVドラマも楽し

「たけチャン、シンケンジャー見たあ?仮面ライダー・ダブリューは?」 日曜日に孫が来ると、必ずこの2番組を見たか、チェックされる。 そして、一息ついた後は"チャンバラごっこ" 昔、息子に買ってきた観光地土産の剣を引っ張り出してきてお相手させられる。 "シンケンレッド"に立ち向かう外道衆、"ふわじゅうぞう"役を演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シネマパラダイス4

「シマトネリコ」はもともと熱帯~亜熱帯の山地に自生するモクセイ科の半常緑高木で、成長が早い。 寒さにも強く、小振りで整った形の葉が、風にサワサワとなびく音は爽やか。 今年も玄関前のシンボルツリー「シマトネリコ」にイルミネーションを施した。 昨年は1連のライトで十分だったが、予備に取っておいたもう1連も必要となる成長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シネマパラダイス3

イタリアの映画監督ジュゼッペ・トルナトーレの名作『ニュー・シネマ・パラダイス』には、「オリジナル版」「劇場公開版」「完全オリジナル版」の3バージョンがある。 「好きな映画は?」と聞かれると一番に『ニュー・シネマ・パラダイス』(1989)と答えるほど、この作品が好きだ。 先日「完全オリジナル版」をジックリ観賞する機会を得た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「落語」の世界に浸る

戦後60年振りに落語専門の定席として「天満天神繁昌亭」が一昨年9月にオープン。 先日10日、念願叶い、「桂 福団治」さんの人情噺の会で「繁昌亭」に行く機会を得た。 当日の夜席番組は『桂福団治 人情話の会「ねずみ穴」を聞く会』 若手・中堅の落語家によるポピュラーな演題三つ、色物で津軽三味線、仲入後「桂 福団治」さん十八番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シネマパラダイス2

家人の実家(岡山県浅口市)から送ってきた柿を、母と家人がせっせと剥き、吊るし柿を作った。 10月末から11月初めにかけては、秋らしい、すっきりとした気候が続き、運動(「二上山登山)、読書(相変わらず「須賀敦子」さんと「村上春樹」)、映画と、趣味を満喫している。 2008年4月から10月にかけて観た映画作品の所感を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹の子掘り、その多思いつくまま

ここ3年、この季節になると知人I氏の実家「加茂町(木津川市)」へ竹の子掘りに出かけている。 今年は例年より収穫期が遅いと云われているが、先日の雨で成長したのか沢山顔を出しており、夢中になって竹が生い茂る山肌を這い回った。 2時間かけて奮闘した成果は、I氏と二人(とは云うものの我が成果は少しだが)30本強の満足いく収穫だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メイサ、泉水への想い

18歳の若さで大活躍の『黒木メイサ』さんと、40歳で急逝した『坂井泉水』さん。 5月の終わりに強いインパクトを与えられた二人の女性タレントについて想いを開陳してみる。 5月25日。知人から譲って頂き久々に観劇の機会を得た。 アジアの歌姫テレサをめぐる衝撃の物語『何日君再来』(イツノヒカキミカエル)。 舞台構成、ストー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シネマパラダイス

「ヒヨドリ」は、けたたましい鳴き声で識別でき、一般的に、良く見れる野鳥で、昆虫、木の実などのほか花蜜も好む。 木蓮の花蜜を求めている姿を身近で写す事ができた。 2月、3月がアッという間に過ぎ去ってしまった。 今年3月の会社業務は、年度末・新年度対応に加え、その他特別プロジェクトなど殊の外慌しく、心急かされる日々が続いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢で会いましょう

元来、寝つきは良いほうだが、今までシックリくる"枕"が無くあれこれ変えてきた。 毎晩使用するものだし、睡眠は肉体的、精神的疲労回復にも繋がると考え、少々値が張る買物だったが、「オーダーメイド枕」を思い切って購入した。 頭の高さ、首の深さ、頭から首までの長さを計測し、硬さの好みに合わせた中材を選んで入れてもらう。枕を6ツの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シネマ鑑賞記録

先週末、家人と東京へ行く機会が急遽発生。 土曜の早朝大阪を出て午後一杯で用件が済んだため、その日一泊して東京見物する事とした。 土曜の夜は「東京タワー」に昇り東京の夜景を楽しみ、翌日は朝から浅草「浅草寺」、汐留「浜離宮恩賜庭園」と”ハトバス観光”もどきのコースを歩き回った。  中学生時代の”修学旅行(東京観光)”が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

演劇の世界への想い

唐十郎さんが近畿大学の客員教授に就任され、4月17日から特別講義を開かれるそうだ。 唐演劇には大学時代以来魅せられ、彼の主催する「紅テント」に通ったことがある。                                                                      最近はテレビ・映画で…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more