テーマ:

長崎ブラブラ旅

今年も早や師走。 SNSで繋がった高校同窓仲間との再会を求めて、2泊3日で長崎を訪れた。 引き金は、高校同窓仲間の訃報。 残り少なくなってきた我々のロシアンルーレット拳銃弾倉。 「 ”また” は ”もうない” かも知れない」 という事で、話はとんとん拍子で進み、大阪の仲間と連れだって長崎在住の仲間に会いに出かけた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駆け足の夏休み四国旅行

3姉妹の長女である家人と二人の妹、それにひかれる旦那3人。 2月に連れ合いを亡くした義母。 そんな老々グループで徳島県美馬市を訪れた。 阿波藩の奨励する”藍づくり”、美馬市脇町はその集散地として栄え、豪壮な商家が軒を並べていた。 道の駅「藍ランドうだつ」を中心に、町を散策。 明治以前の趣き、”うだつの町並み” …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「富山・宇奈月温泉」一泊二日の旅《二日目 》

突然ですが、「あまちゃん」「半沢直樹」と話題のテレビドラマに夢中になっているが、もう一つ「Woman」も欠かさず見ていた。今月末で「あまちゃん」は最終回を迎えるそうだが、「Woman」は9月12日が最終回。 長時間の乗車に疲れて早く床に就いたものの、22時、家人に起こしてもらい最終回を見終わった。 夢見心地だったので、結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「富山・宇奈月温泉」一泊二日の旅《初日》

乗り物に乗って、外気を感じながら移りゆく風景をゆっくりと眺める。 日常は体験する機会がめっきり少なくなってしまったが、旅に出るとこんな贅沢が味わえる。 一泊二日と慌ただしい旅だったが、9月12日~13日に出かけた「富山・宇奈月温泉」では富山ライトレールと「黒部峡谷トロッコ電車」で貴重な時を過ごすことが出来た。 利用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康たんば 好奇心ツアー

昨年2月から仲間4人で始めた「好奇心トレーニングセンター」。 セミナー、イベント、出版等あれこれ手掛けてきたが、今年度最初の企画はバスツアー。 来月ゴールデンウィーク明けの5月11日土曜日、向かうは兵庫県丹波市。 丹波の名産を味わい、名刹で花を愛で、名産を求め、銘酒を利き、薬湯に浸る、好奇心を刺激するツアーだ。 先週…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爽快しまなみ海道ウォーク

今さらジョギングも出来ないし、定期的なウォーキングやラジオ体操も長続きしなかったが、知人とのハイキングには積極的に参加している。 現役を引退し、年金生活を送るようになった高校時代の体育会系悪友を中心としたハイキング参加も今回が3回目。 今回はツアー会社企画の日帰り「しまなみ海道ウォーク」の第1回目に参加し、広島県尾道市の向島を歩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観梅・温泉旅行(二日目)

ここ十数年、旅行やイベント参加時は天気予報が外れる事もある程、自他共に認める"晴れ男"だったが、その効力も今年になってから薄れてきたようだ。 白浜旅行二日目は天気予報通り、和歌山県には強風波浪注意報まで出る雨が明け方から降りしきっていた。 足湯巡りや、三段壁、千畳敷といった名勝巡りをあきらめ、以前から行く機会を逃していた「南…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観梅・温泉旅行(初日)

昨年夏以降、アルバイトや各種活動に手を広げたことに加え、マイカーもダウンサイジングした為、ドライブ旅行からは久しく遠ざかっていた。 昨年秋からは、現役当時以上に慌ただしい日々を送っていたが、そろそろ見直しも必要、気分一新を図る意味も兼ねて2月17日(日)から白浜温泉一泊旅行に軽自動車で出かけた。 阪和自動車道を使って大阪から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄旅行《最終No.4》

薩摩の侵入、琉球処分、太平洋戦争と沖縄戦、敗戦後の米軍統治、復帰後も残る米軍基地。 過酷な歴史を背負ってきた沖縄だが、美しい自然、純情で素朴な人、強い共同体意識はそれらを凌駕し観光人気を高めている。 今回の旅で最後に泊まった「ホテル日航アリビラ」はロケーション、設備、アメニティ、サービスと魅力あふれるリゾートホテルだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄旅行《No.3》

美しい海と自然に囲まれた「琉球」という一つの国を形作り、独自の歴史、文化を育んでいた「沖縄」は、19世紀日本の国家体制に組み込まれて以来、苦難の歴史をたどってきた。 太平洋戦争での悲惨な前線基地、敗戦後のアメリカ統治時代を経て1972年復帰するも、いまだに抱える米軍基地問題。 3日目はそのような沖縄の歴史を再認識する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄旅行《No.2》

初めて沖縄を訪れて感じた印象は"優しさ"。 悲惨な歴史、厳しい現実を抱えた土地だからなのか、出会う人と自然は皆"優しい"。 「・・・さ~」と語りかける柔らかなイントネーション エメラルドグリーンの海 象牙色の砂浜 鮮やかな花々 過ごし易い4月の気候も加わり 国内旅行で今まで感じた事が無い気持ち。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄旅行《No.1》

4月の沖縄は20℃前後の過ごし易い気候で1日には早くも「海開き」が行われ、街にはブーゲンビリアとハイビスカスが色鮮やかに咲き、旅行者の心を和ませてくれた。 小学校時代の友人と共に夫婦連れで1日~4日まで沖縄に出かけた。 初めての沖縄旅行とあって、今回は阪急交通社のツアーを利用し、沖縄の名所巡りをゆったりと楽しんだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年初詣は「伊勢神宮」

究極のサステナブル(継続性)と言われる「伊勢神宮の式年遷宮(しきねんせんぐう)」は、8年の歳月と30以上の祭を重ね平成25(2013)年の遷御(せんぎょ)《現在の正宮から新宮へご神体を遷す祭》で幕を閉じる。 今回の遷宮は62回目、何と約1,300年の昔から続けられてきたおごそかな行事だ。 4年前(2008年・H20)の秋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初冬の温泉旅行【グルメ編】

無職故、エンゲル係数を抑えた生活を心がけているが、12月13・14日の温泉旅行はそんな日常から解放され、満ち足りた食生活を過ごす事が出来た。 13日旅の初日昼食は、事前チェック済みの五條市内マグロ料理専門店「浅野屋」。 海から離れた土地に何故マグロの専門店があるのか不明だが、行列の出来る有名店との事で12時前からほぼ満席…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

温泉旅行で紀伊半島の西側を周る

今年9月、近畿・四国地方を襲った"台風12号"は各地に大きな被害を与えた。 紀伊半島大水害は、奈良県「十津川村」、和歌山県山間部に大きな爪跡を残している。 日本で一番デッカイ村「十津川」は、台風襲来前(6月)に訪れ、ゆったりくつろぎ、ほっとする温泉巡りを楽しんだ。 ・この村の復興に消費行動でささやかなお手伝いが出来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の温泉旅行② 【はわい温泉】

「三朝温泉」の東「三徳山」の「投入堂」は6年前の夏、苦労して登ったが、今回は、地元"JA倉吉"に勤める甥っ子の案内で、大山の北側を日本海に沿って駆け足で観光した。 優しい太陽が照る朝一番、先ずは「はわい温泉」へ出かけた。 山陰の”Hawaii”「はわい(羽合)温泉」は「三朝温泉」から北10Km程、「東郷温泉」と共に東郷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の温泉旅行① 【三朝温泉】

今年1月、日本海側を中心に降った大雪は積雪記録を更新。 全国330の観測地点のうち、鳥取県米子など37の地点で観測開始以来、最大値を更新したという。 そして大阪にも3年ぶりに雪が積もった。 3年前の「建国記念の日」は新築なった家への引越し日で、この日も朝から雪が降り積もり、大変な想いが残っている。 今年の「建国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【西国三十三所】二十七番 書寫山圓教寺

兵庫県姫路市街の北方、書寫山(しょしゃざん)を潜る山陽自動車道のトンネルは、岡山への往復時によく通るが、ロープウェイを使って山頂(371m)へ登ったのは3年前の初秋。 夢前川(ゆめさきがわ)の岸辺に、まだ残ってた彼岸花の蠱惑的な情景が今も浮かんでくる。 「山麓駅」近辺に車を置き、「山上駅」まで約4分。 豊かな自然環…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡山県北と三朝町で初秋を味わう

3連休の前半2日は、息子や甥っ子の伝手に頼って温泉宿泊、本場の「二十世紀梨」狩り、秋の色漂う高原のひと時を楽しんだ。 初日の土曜日、中国自動車道の渋滞も回避出来るだろうと、昼一番に我家をスタートし岡山県美作(みまさか)三湯の一つ「湯郷温泉」に向かう。《三湯の他二つは「湯原温泉」「奥津温泉」》 それでも休日割引の高速道…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「白浜旅行《2》」~"アドベンチャーワールド"を堪能~

孫達との「白浜旅行」本命は"アドベンチャーワールド"。 サファリワールド、イルカ・アシカのショー、パンダと見所満杯だ。 ヨチヨチ歩きながら逃走癖のある孫娘はパンダのカートに乗せて、最初に向かったのは"ビッグオーシャン"でのイルカショー。 人とイルカがショーを繰り広げる大きなプールの後には白浜空港の草原と海が見渡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「白浜旅行《1》」 ~先ず温泉を満喫~

日本三古湯の一つ「白浜温泉」と、人間と動物と自然のふれあい「アドベンチャーワールド」で孫達と一緒に8月最後の休日を楽しんだ。 白浜への「阪和自動車道」は、今年7月、海南IC-有田IC間の下り線が2車線化され、かなり緩和されたそうだが、この夏最後の土曜日とあって御坊近辺で10Kmの渋滞情報。 渋滞に入る前にと、「紀ノ川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「みちのくの旅」宮城・山形編

2日目の宿「鳴子温泉」は ”JR青春18きっぷで行く温泉番付”で東の横綱となった「鳴子温泉郷」にある。 「鳴子温泉郷」は鳴子、東鳴子、川渡(かわたび)、中山平、鬼首(おにこうべ)の各温泉からなり、370以上の源泉を有する。 泉質は11種有り、ここには其の内9種が認められているそうだ。 ちなみに西の横綱は「別府八湯」。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「みちのくの旅」宮城・岩手・青森・秋田編

「旅」には事前(行く前)、当日(現地)、事後(行った後)と最低3度の楽しみ方がある。 事後の楽しみは、Blogのお陰で何度も味わうことが出来るようになった。 今回の旅(JTBの 「東北ベストハイライト3日間【基本プラン】)を選んだポイントは3つ。 ① 奥入瀬 2時間散策 ② 山寺・立石寺 90分滞在 ③ 伊丹空港利…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏休み「みちのく旅」

7/29~31、JTB旅物語『東北ベストハイライト3日間』に参加し、待望の「みちのく」へ行ってきた。 詳細は写真整理が出来次第、順次アップしていく予定だが、先ずはダイジェスト版を掲載。 ツアー参加者は42名。 新人のツーリスト担当者をベテランのガイドさん、ドライバーさんがしっかりサポートし、悪天候をも吹き飛ばす、楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初冬の4連休(ウェディング&砂の美術館など)

今年は、11月20日(金)休みを取り、勤労感謝の日(23日)まで4連休。 その初日、鳥取で最後の独身者だった甥っ子(家人の3姉妹子供達で、我が娘、息子含め7名いる)の結婚式に参列。 式は「ヴィラ・ノッツェカロー鳥取」。ハウスウェディング会場で人前結婚式。 数多くの結婚式に参加してきたが、このようなスタイルは初体験で、楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の但馬旅行(その2)

「円山川温泉 銀花」は僅か16の客室を、広々とした2,000坪の敷地内に配し、全室円山川に面したテラスと檜の部屋風呂を備えている。 勿論、大浴場、露天風呂からも滔々と流れる円山川を見渡せ、露天風呂に肩までつかると、川に浮かんでいるような気にさせる。 夕食は料理長が腕を振るう12種のコース料理。 暖かいものは温め…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

夏の但馬旅行(その1)

PL花火大会は見逃したけど、カニの季節では無いけれど、この夏、家人の両親と三姉妹夫婦による恒例旅行で但馬に出かけた。  昨年同様、息子夫婦宅でのPL花火大会を見ながらのパーティ招待とバッティングしたが、旬の食とユッタリした設備が売りの『城崎円山川温泉銀花』へのドライブ旅行をチョイス。 一泊二日、450km近くのロングドラ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

お伊勢まいり

小学校の「修学旅行」以来、48年振りに伊勢二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)の『夫婦岩』にお参りした。 小学校時代の記憶に反し、こんなに小さかったのかと思ったが、前々日に大注連縄の張り替え神事があったそうで、スッキリとした姿を浮かべていた。 《最近、ブログ記載が滞りがちだが、昨日の子供達企画による「還暦誕生日記念…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「日本のエーゲ海 牛窓」

青い海と太陽、白いパラソルテラスと係留されたヨット。 岡山の牛窓(瀬戸内市牛窓町)は、「日本のエーゲ海」と称されている。 グループ会社の情報連絡会議で牛窓にあるホテル「リマーニ」に行ってきた。 「リマーニ」とはギリシャ語で「港」の意味だそうで、岡山「天満屋百貨店」系列のおしゃれなホテルだ。     会議終了後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「中央北海道」まるごと旅行

3日目、この日より「ひがし北海道」地区から「中央北海道」地区への観光コースとなる。 朝食前に「阿寒湖畔」を散策。気温は14℃。 標高1,023m、日高国と十勝国との間にある「日勝峠」で十勝平野の展望と小豆大福を楽しみ、「新得町」のソバロードを通って標高644mの「狩勝峠」へ。 「狩勝峠」は石狩国と十勝国を結ぶ幹線道にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more