テーマ:グルメ

11月9日はイベント二つ

11月は色々な行事、イベントが目白押し。 ボランティア先、地域、同窓生、そして家族に関するイベントが、週2~3日の仕事の合間を埋めて予定されている。 11月9日(土)はクレオ大阪西(西九条)のフェスタに参加。 最近は月1回位しか参加出来ていないが、国際ボランタリーグループの日本語交流サロンメンバーとして、屋台村のお手伝いで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年大晦日を迎える

庭のロウバイがこの冬もたくさん花をつけ、芳香を漂よわせている。 昨年2月、現役引退してから1年10ヶ月。 セカンドライフのスタイルも夏頃から確立出来てきた今年も、またたく間に大晦日を迎えた。 各半日だが週2回の管理人業務、日本語交流サロンは隔週参加となったが、好奇心トレーニングセンターも来年の本格的ビジネス展開を控え会合の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年 ご挨拶

お正月も3日になりましたが、新年のご挨拶申しあげます。 本年も拙い文章と画像へのお付き合い、宜しくお願いします。 ここ数年、元旦は子供達一家を迎えての新年会。 今年は孫2名が増えて、総勢11名。 おせち料理、お雑煮を賑やかにタップリ頂いた。 今月もうすぐ6歳になる孫息子、続いて2月に3歳になる孫娘の旺盛な食欲は、大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初冬の温泉旅行【グルメ編】

無職故、エンゲル係数を抑えた生活を心がけているが、12月13・14日の温泉旅行はそんな日常から解放され、満ち足りた食生活を過ごす事が出来た。 13日旅の初日昼食は、事前チェック済みの五條市内マグロ料理専門店「浅野屋」。 海から離れた土地に何故マグロの専門店があるのか不明だが、行列の出来る有名店との事で12時前からほぼ満席…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初秋の近郊ドライブ&ハイキング

毎日休日生活を送ってる我が身にはぴんとこないが、今月2度目の3連休初日。 朝から久々の晴天と、初秋の冷気に誘われ、お馴染みの近郊ドライブ&ハイキングに出かけた。 最初に向かったのは道の駅「しらとりの郷・羽曳野」。 ここにある農産物直売所「あすかてくるで」で新鮮野菜の買出しを、と家をスタートする時間も見計らい、オープ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏はカレーライス

今年の"七夕"は雨。 一夜明けて、朝から梅雨明け宣言も出そうな空が広がる。 例年以上の節電対策が必要とされる夏にいよいよ突入だ。 カレーライスを食べて汗を流し、扇風機で吹き飛ばす。 といった手軽な消夏策があるが、その扇風機も、今年は節電の切り札として人気急騰で、在庫切れのお店が続出しているようだ。 今年の4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田舎のお土産

岡山の田舎から帰った翌日、お土産のタマゴ、ソラマメ、グリーンピース、タマネギ、乾麺を子供達の家庭に配って周った。 午前中、今年も沢山の実が収穫できたジューンベリーの剪定を済ませ、午後からは先ず娘の家庭に産直品を届けた。 孫娘は「オテツダイ」が大好き。グリーンピースの実を取り出す作業に熱中。 孫息子の"サッカー教室"…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪ステーションシティで過ごした結婚記念日

37回目の結婚記念日を迎え、5月4日開業した「OSAKA STATION CITY」の探索と食事に出かけた。 久々に晴れ渡った5月31日。 午前中、「クラインガルテン・東住吉」の定例作業は花壇の植え替え。 マリーゴールド、ペチュニア、ヒャクニチソウ、アゲラタムを綺麗に植え付けて心地良い汗を流した。 午後から念願の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タマゴとヤサイ

国内生産比率96%・経済性高い栄養食品・惣菜からおやつまで幅広い使い道・「春分の日」に立つと言われる 「一日1個」は誤った知識!? 日々の食事で"タマゴ"は欠かせない。 義父のお見舞いの合間、病院の近所にあった"笑顔あふれるたまご専門店「うぶ こっこ家」"でタマゴを堪能した。 このお店は岡山県倉敷市玉島のタマゴ屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿倍野が変わってきた

「あべのキューズタウン」の「 Q's MALL」は4月26日(火)にオープンだが、「Via あべのWalk」は4月1日に一足早くオープンし、阿倍野筋、旭通りにあった往年のお店が順次営業を始めている。 高校時代から通い続けている元祖ぎょうざの店「アベノ珉珉」 香り豊かな日本酒と湯豆腐を頼めば至福の時が過ごせる居酒屋「明治屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の味覚

TV番組『秘密のケンミンSHOW』の『ヒミツのごちそう』コーナーでは、まだ取り上げられていないと思うが、春先に瀬戸内海東部沿岸部(播磨灘~大阪湾)近郊の家庭で作られる郷土料理がある。 新聞でも報道されたが、今年は3月3日が解禁日。 神戸市須磨区では当日、春の味覚を求める買い物客が行列を作ったそうだ。 我家でも7日、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都で楽しんだグルメツアー

グルメブログにも挑戦しようと思うものの、表現が難しい。 デジカメで撮影して伝える料理の質感・シズル感、味わいを伝える微妙な表現。 主戦場がB級グルメなので、なおさら難しさを感じる。 1/28~29の京都観光時の夕食は、息子夫婦が予約してくれた左京区田中の住宅地にあるイタリアレストラン「hikari-yurari」。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北畠、帝塚山散策

お金が掛からずに気分転換、体力維持に役立つ趣味(?)に散歩がある。 定期的に行うことによってこそ、効果が有ると思うのだが、いざ実行となるとなかなか難しい。 朝の冷え込みは厳しかったものの、快晴の空に誘われ、お正月でなまりきった身体に"活"を入れるべく、1月3連休の初日(8日)、「北畠・帝塚山」方面に出かけた。 自宅から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「キハチ イタリアン」阿倍野フープで家族忘年会

"大阪の盛り場"は大阪(梅田)周辺の「キタ」と難波周辺の「ミナミ」の二つに代表される。 《京橋近辺を「ヒガシ」と言って三つ目に挙げる場合もあるが・・・》 "大阪のターミナル"となると、「大阪(梅田)」、「難波」に加えて「天王寺(阿倍野)」の三つが代表と言える。 我家から一番近いターミナル「天王寺(阿倍野)」は、来年4月…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

これぞカステラ「うえ町のかすてら」

エアコンを切って、窓を開け放ち、鼻腔を開いて思い切り清冽な空気を吸い込む。 9月第3週にしてやっと「りりりりり」という今月の音を聞きながら、床に着けるようになった。 9/13(火)谷町9丁目にある会社の健康保険組合診療所で生活習慣病健診。 その後、以前の職場(ソリューションセンター)のあるOBPへ向かう。 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐かしの味 ”えびめし”

岡山で過ごした学生時代、仕送りが届いた日、バイトのお金が入った日は奉還町商店街の洋食屋「いんでいら」でチョッピリ贅沢なランチを楽しんだ。 定番のメニューは”えびめし”。 ドライカレーでもない、チャーハンでもない、香ばしい見た目まっ黒なソース焼きめし。 基本的にはピラフの一種で、具に小海老を用い、ドミグラスソースとケチャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トイプードル 「ロミオ」

息子夫婦が犬を買ったというので、休日ランチも兼ねて愛犬との御対面に伺った。 息子夫婦の家に向かう前、ランチをとったのは藤井寺市藤ヶ丘のイタリア料理「チプリアーニ」。 道路沿いのマンション1階にある小さなお店だが、お店の雰囲気、味はトビッキリ満足。 息子のお嫁さんのお母さんお薦めの、地元の主婦層に人気のお店との事。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

国有財産 参観 (桂離宮)

「皇居」「京都御所」「仙洞御所」「桂離宮」「修学院離宮」は国有財産(皇室用財産)として宮内庁が管理し、参観するためには宮内庁に申し込む必要がある。 以前から、日本が誇る建築・造園技術を集約したそれらの施設を観たいと想っていたが、ようやく念願がかなった。 3ヶ月前の2月1日朝一番に申し込み、5月8日(土)11時から「桂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年 最初のバーベキュー

先週末は久々の好天。 キンモクセイの剪定作業を始め、花木の手入れにも力が入った。 そして、日曜日は娘夫婦と孫、息子夫婦の全員が集合して、今年最初のホームバーベキューを楽しんだ。 ヨチヨチと歩き出した孫娘の相手をしながら、各家庭が持ち寄った食材をたらふく頂いた。 息子夫婦が持参したワインは「プピーユ コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休日、お手軽ランチ

休日のお昼、家人と外食する機会が最近増えた。 元来、"長メシ"が好物で、休日のお昼は「饂飩」「蕎麦」「ソーメン」をゆがいたり、焼ソバ、ラーメン、パスタを作ったりすることが多かったのだが。 買物がてら、ランチタイムを過ごすお気に入りの「うどん屋」さん二軒を紹介してみる。 先ずは、我家から自転車で10分の「手打ちうどん…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

弥生三月

住宅街を歩くと、ほんのり甘く妖艶に漂う「沈丁花」の香りに、思わず周囲を見回してしまう。 我が家の玄関前でも、昨年買い求めた幼木が、精一杯"沈香"を放っている。 三月は弥生の他に花月(かげつ)、早花咲月(さはなさきつき)、花見月(はなみづき)、桜月(さくらづき)とも呼ばれるそうだ。 草花が芽吹き、桃、梅、ミモザ等が馥郁た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たこ焼きパーティー

関西のほとんどの家庭には、たこ焼き器があると言われる。 我家でも、子供達が小さい頃よく作っていたが、何時の日か処分したようだ。 ところが、先日、息子の家での「たこ焼きパーティー」で、色々な具材を使えば家庭の味が楽しめることを知り、再購入しようと思っていた。 この土曜日、行きつけのホームセンター「コーナン」の広告チラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬はイルミネーション

12/1~25の期間開催されている「OSAKA 光のルネサンス2009」に先週土曜日出かけた。 朝から外出し、あちこち回ってるうちに夕刻間近。 携帯電話のカメラ機能を頼りに中之島界隈のイルミネーションを楽しんだ。 先日、会社の忘年会で感動した「カジュアルダイニング"KICHIRI"」を家族にも体験させるべく、「梅新店」…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

師走に突入

まだ本格的に冷え込んだ日は少ないが、師走も中旬。 淀屋橋「中之島」を中心会場とする「OSAKA光のルネサンス2009」も開催された。 (TOP写真は2年前の撮影。今年もイルミネーションを是非記録に残したいと、計画中) 師走らしい行事がたて込んできた。 昨日の日曜日は、「年賀状」作り。 午前中、フリー素材をあちこちの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寺西家阿倍野長屋

快晴に誘われ、朝から大働き。 扇風機も片付け、庭の掃除も済み、布団も干した。 ご褒美に「昭和町」四軒長屋を改装して出来たお店でランチ。             我家から自転車で15分。地下鉄御堂筋線「昭和町駅」から南西へ一本入った路地に『寺西家阿倍野長屋』がある。 長屋の外装はそのままで、4軒の家はフレンチ、和、ふぐ料理、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏の但馬旅行(その2)

「円山川温泉 銀花」は僅か16の客室を、広々とした2,000坪の敷地内に配し、全室円山川に面したテラスと檜の部屋風呂を備えている。 勿論、大浴場、露天風呂からも滔々と流れる円山川を見渡せ、露天風呂に肩までつかると、川に浮かんでいるような気にさせる。 夕食は料理長が腕を振るう12種のコース料理。 暖かいものは温め…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

祝い酒

孫娘誕生の祝杯を娘婿と共に挙げたのは、会社の仲間が取り寄せた『錦の誉』朝しぼり原酒。 初孫誕生は、そのままズバリ山形県酒田市「東北銘醸」の銘酒『魔斬 初孫』だったが、今回は山口県岩国市「八百新酒造」の純米大吟醸。 蔵の中でしか味わうことの出来なかった、槽(ふな)口(くち)(搾り機の部位=酒が出るところ)から滴る“しぼりた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カレンダー最後の月

2008年も最後の月を迎えた。 月日が過ぎるのは年齢に反比例する、と言われるが、今年は特にその感が強かった。 我家のシンボルツリー「シマトネリコ」に少々イルミネーションを加え、X'mas仕様にしてみた。 ご近所には、立派な(お金をかけた)イルミネーションを施したお宅があるので、ほんの気持ちだけの飾りつけだが、チョッピリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジューンベリー色づく

関西の「紅葉情報」も「色づき」「見ごろ」のマークが増えてきたが、我家のジューンベリーも色づいてきた。 3月の可憐な白い花を楽しませてくれた後、名前通りに6月多くの実をつけた、ジューンベリーの3度目のお楽しみだ。  庭の「サンゴカクもみじ」も黄色く色づき、ささやかな庭の草花いじりにも喜びを見出せるようになってきた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

還暦記念慰労会

各人の都合で一ヶ月遅れとなったが、先日の土曜日(9/20)、還暦の誕生日を記念した「慰労会」を子供達が企画してくれた。 場所は、イタリアン好みに合わせ、なんばパークスの『スッド ポンテベッキオ《sud PONTE VECCHIO》』 B級グルメに慣れ親しんだ身には、敷居が高く、多少場違いの感があったが、母、家人、娘夫婦と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more