M’s BOX

アクセスカウンタ

zoom RSS 「富山・宇奈月温泉」一泊二日の旅《初日》

<<   作成日時 : 2013/09/13 23:45   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

乗り物に乗って、外気を感じながら移りゆく風景をゆっくりと眺める。
日常は体験する機会がめっきり少なくなってしまったが、旅に出るとこんな贅沢が味わえる。

画像


一泊二日と慌ただしい旅だったが、9月12日〜13日に出かけた「富山・宇奈月温泉」では富山ライトレールと「黒部峡谷トロッコ電車」で貴重な時を過ごすことが出来た。

利用したのは、家人が加入している"ジパング倶楽部"会員特別企画ツアー。
紅葉シーズンにはまだ早く、平日利用とあって、大阪・富山間のJR特急、富山・宇奈月温泉間の富山地方鉄道、それぞれ往復切符に一泊二食付ホテル宿泊券がついて2万円ポッキリ。
ずいぶんお得な内容だった。

画像

大阪・富山間はJR特急「サンダーバード」。
3時間強の移動手段としては最適。久々の午前ビールと「鱒寿司」もベストマッチ。

富山ではお目当ての「富山ライトレール セントラム」に乗車して富山城まで。
広島で見たのと同じ旧式車両も走ってたが、富山のLRT(Light Rail Transit)で代表的な車両に乗車《Top写真》。

画像
帰りに駅前で見かけた花柄のLRTも可愛かった。

宇奈月温泉までの電車都合で1時間半程しか滞在できず、中心商店街まで足を延ばせなかったが、富山城、県庁周辺を駆け足で巡り、駅前のショピングビルでお土産も購入。

画像 画像
富山城とシクロシティ富山(24時間365日、いつでもどこでも自転車を利用できるサービス)のステーション。

富山から宇奈月温泉まで1時間半。
市内電車と違い、年季の入った各駅電車での旅も風情タップリ。
車窓から見る富山の田園風景は、"刈入れの秋"真っ盛りだった。

宇奈月温泉の宿は「ホテル黒部」
渓谷に面した部屋からは、「新山彦橋」を走る"トロッコ列車"を眺める事が出来、無色透明弱アルカリ性単純泉で「美肌の湯」といわれる温泉の楽しみ露天風呂は深く広々として、絶妙な風景を楽しめた。
画像 画像


5時間近くの電車移動と駆け足での町歩きに疲れ、富山の銘酒も程ほどにして、旅の初日は早目に床に就いた。
《黒部峡谷トロッコ列車の旅は続編》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ホームページ制作はD131

「富山・宇奈月温泉」一泊二日の旅《初日》 M’s BOX/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる