テーマ:おでかけ

五月の想い出

近江今津「西友(にしとも)」の”ひつまむし” 久々の鰻に感激。名店の味と素材に感動 そのまま、わさびと薬味をのせて、お茶漬けと、三度の食感に感嘆 世間はG.W. その気になれば何連休でも可能な身だが(笑)、2家族の孫達と共に5連休を楽しむことが出来た 初日は息子一家とゆったり、気楽に、お弁当持って、ホームグラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四月の想い出

「青春18きっぷ」は我々高齢者も使える。 今月10日が今シーズン使用期間最終日とあって、今が旬の「姫路城」見学に出かけた。 朝からの雨も幸い(?)して人出も比較的少なく、天守閣まで上ることが出来た。 お城の周囲は桜も満開。 まっさらな”しらさぎ城”と”お花見”を一度に楽しめた。 子供達四人を預かり、我が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年(2014年)のお花見 3題

ここ数年、春の到来を体感すべく3月は「観梅」に出かけるのが常だった。 今年は日常に追われその機会を失したが、4月に出掛けた3回の「お花見」で春を実感する事ができた。 我が街のお花見名所お気に入りは「長居公園」、「今川 堤」、「桃が池周辺」。 いずれも自転車10分前後で行ける所だ。 最初のお花見は4月3日(木)朝食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成26年(2014年)の初詣

2011年から書き始めた「3年ダイアリー」も昨年後半から記録に空白が増え、1~2センテンスで記録を残せるfacebookの気楽さに流れ、このブロブも師走月は1度も更新せぬまま新年を迎えてしまった。 平成26年(2014年)睦月。 師走大晦日の大掃除による疲労腰痛を引きづりつつも、例年通り無事迎える事ができた。 今年の家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉狩り第2弾「東福寺とその周辺」

「紅葉狩りに行きたい」と言う家人のリクエストに答えて、仕事もお休みだった11月26日(火)、京都東山、紅葉の名所「東福寺」に出かけた。 「東福寺」だけでは勿体ないと、NETで事前確認し「京都歴史散歩」で見つけた”秋色に染まる東山・東福寺から泉涌寺へ”の地図に従い、京都東山の隠れた紅葉名所も巡る事に。 朝9時過ぎに自宅を出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉狩り第1弾「当尾(とおのお)の里巡り」

今年7月から勤め始めた公益社団法人の仕事も、早や5カ月が経過。 週2~3日とはいえセカンドライフの日常に定着してきたが、仕事が無い日は、現役時代以上に好奇心を満たす活動に取り組んでいる。 この時期の楽しみは”紅葉狩り” 今年は早くからの冷え込みで、例年以上に紅葉も美しく、各地からの紅葉狩り報道に心躍る。 我が紅葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月7日はライブ2連チャン

音楽は好きだけど、演奏会、ライブに行くほどでも無かった。 ところが一昨年から、会社勤務時代の後輩達が参加してるグループのライブ(年1回だけど)に行くようになった。 しかも今回は夜もう一つ、地域の仲間が開催するのにも出かけて、ライブ2連チャン。 先ずは午後3時から、肥後橋のライブハウス「VOXX(ヴォックス)」で、平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪湾に咲く、「舞洲ゆり園」

昭和60年「テクノポート大阪」計画の基本構想が発表され、以来、大阪湾の埋め立て地「咲洲(さきしま)」「夢洲(ゆめしま)」「舞洲(まいしま)」のまちづくりが進められている。 南港地区の「咲洲」は住宅、ATC、WTCといった集客施設として早くから開かれ、北港南地区の「夢洲」は産業・物流拠点としての整備が進められている。 《と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕面の滝で高校同窓生の快気祝い

2001年 冠攣縮性狭心症カテーテル検査。2005年 舌腫瘍(良性)摘出。 今まで2回の入院手術経験があるが、いずれも術後経過は良好で、定期健診結果も全指標にわたって、きわめて良い数値が出ている。 健康に配慮する事を忘れがちな日々を送っている自分自身に対して、周囲からは年相応の罹病、治療事例が耳に入ってくる。 高校同窓生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「健康たんば 好奇心ツアー」報告

自称「晴れ男」(私)と「雨男」(参加者)とのせめぎあい。 長期予報による"雨"を前倒しするも、昼過ぎまで粘り強く残ってしまった。 5月11日(土) 好奇心トレーニングセンター企画、丹波市 助七観光(株)主催の「健康たんば 好奇心ツアー」が開催された。 お昼過ぎまで雨が降ったり止んだりする天候の中だったが、23名の参加者でバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜舞う季節かぞえ

河口恭吾、森山直太朗、コブクロ、彼らの歌っているメロディーが思わず口をつく。 例年より1週間早いようだが、桜(さくら)の季節が今年も訪れ、そして去って行った。 今年のお花見第1弾は、4月1日、孫達と一緒にご近所の「桃が池公園」。 前日に2歳の誕生日を迎えた末の孫娘もしっかり歩くようになり、お姉ちゃんの後をつけまわる。 ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

須磨浦、舞子方面へのお出かけ

「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」という言葉のように、花木の剪定には注意が必要。 それ故に、手入れした木に美しい花が咲き、それを観賞するのは大きな楽しみとなる。 今年の春は寒い日暖かい日の移り変わりが激しく、「梅だより」、「桜だより」も目まぐるしく状況が変化している。 3月17日の日曜日、今年3回目の観梅に「須磨浦山上遊園」の梅林に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年 梅だより

例年に無い冷え込みがまだまだ続くが、3月も間近。 春の訪れを告げる"梅だより"が報じられる候となってきた。 先週日曜日(2月17日)に続いて土曜日(23日)は大阪府南部の「金熊寺(きんゆうじ)」梅林に今シーズン2回目の観梅に出かけた。 清楚なイメージと香しい芳香で「花よし」「香りよし」「果実よし」と云われる梅の花を愛で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤目四十八滝ハイキング

近鉄電車の「赤目四十八滝渓谷の自然探勝きっぷ」は"難波"から"赤目滝"までの電車・バス往復切符に、入山料、温泉・飲食・土産物割引券がついて2,230円。お得なキップだ。 10月25日(木)、そのお得なきっぷを利用して昨年の賤ヶ岳ハイキング同様、高校の同窓生を中心とした現役引退メンバーで初秋の「赤目四十八滝」の渓谷を散策した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年夏 家族旅行第2弾

ありがたいことに、今年の夏は娘、息子一家との夏休み旅行をそれぞれ楽しむことが出来た。 先週土日は娘一家と淡路島で夏を満喫。 久々の淡路島、阪神高速でちょっと渋滞に捕まったものの、1時間半程で「淡路サービスエリア」到着。 娘一家と合流、孫達の要望で名物「観覧車」に。 高所恐怖症で写真を撮る余裕も無かったが、遠目に瀬戸内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年夏 岡山旅行

今日(現地では8/12)、ロンドンオリンピックが閉幕した。 開会式前々日の女子サッカー予選に始まり、深夜、早朝の競技中継に備えて早寝、朝寝、昼寝と不規則な生活が続いたが、今日からは平常に戻り、久々のブログ更新。 関西では今日から「盂蘭盆会(うらぼんえ)」。 8月もオリンピックと共に2週間があっという間に過ぎ去った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めての「天神祭本宮」観賞

京都の祇園祭、東京の神田祭と共に日本三大祭の一つ、また大阪三大夏祭りとして、生国魂神社の生玉夏祭、住吉大社の住吉祭と共に数えられる「天神祭」を生で観賞した。 週2日、1日3時間ながら働くことになった新たな仕事の研修と勤務、マイカーダウンサイジング、知人の結婚式、そして"なでしこサッカー"の快勝、男子サッカーも大金星を挙げ予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結婚式に感謝感激

お祝い事は賑やかなのが良い。 ご両家、親族、来賓が皆ワイワイ、ニコニコと新郎新婦の幸せお裾分けに浴し、感動を共感できる結婚式は最高だ。 7月22日はショールーム勤務時代にお客様対応をご一緒したアテンダントさんの結婚式。 万博公園内にある[迎賓館]での挙式とウェディングパーティーに参列した。 親戚の甥っ子姪っ子達も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイカー ダウンサイジング

省エネ、高齢化、景気低迷も影響してか、マンションンの駐車場に空きが出てその対処に管理組合は頭を痛めてるそうだ。若者も車離れしてるとかで、カーディーラーも大変との事。 2001年に購入、走行距離6万7千とあまり走ってなかったが、11年間愛用した車を手放し、軽自動車にダウンサイジングした。 現役引退して1年5か月。 あ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

二上山、當麻の里ハイキング

”あめ~ま”は間寛平さんのギャグだが”あみま(あるく・みる・学ぶ)倶楽部”は近鉄電車が開催する会員制ハイキングクラブ。 年会費1,000円で、80コースの沿線「てくてくマップ」、乗車券・特急券や施設割引・優待券のついた会員証、会員限定ハイキング案内など、ハイキング好きには魅力ある倶楽部だ。 今年2月、同じ近鉄電車企画の「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むかしのおうちの はくぶつかん

3月18日(日)は日本語交流サロンのメンバーと服部緑地(大阪府豊中市)にある「むかしのおうちの はくぶつかん(日本民家集落博物館)に出かけた。 少し暖かくなったものの、時々小雨が降る曇り空の中、学習者36名(大多数がベトナム人でその他はタイ、中国人の若者)、ボランティア9名、総勢45名の団体ハイキング。 JR環状線「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪城公園で観梅

昨日までの雨が上がったと思ったら、舞い戻ってきた冷え込みで東北地方では白いものが舞っているようだ。 "満開"の状況も報じられる「梅便り」も、一時停滞しそうな雰囲気。 今年は大阪城公園の梅林に出かけた。 久々に大手門から入り、内濠(空)沿いに東へ進む。 桜のシーズンまで「西の丸庭園」はひっそり。 大阪城天守閣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酒蔵みてある記

2月19日は同世代の知人二人(現役社長と現役引退者)と共に、近鉄電車企画イベントの酒蔵と史跡を訪ねるハイキング「酒蔵みてある記」に参加した。 参加費無料、予約不要、詳細コースマップ配布、酒蔵では甘酒、利き酒も楽しめるとあって、中高年世代を中心に驚くほど多数の参加者数だった。 コースは近鉄郡山駅集合(10時半の受付け開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賤ヶ岳ハイキング

JR線の普通列車・快速列車が一日乗り放題となる、期間限定の特別企画乗車券「青春18きっぷ」。 主に学生などの春季・夏季・冬季休暇期間を利用期間として発売されたが、時間に余裕がある退職組、高齢者にも重宝な切符だ。 最近では、学生の休暇期間以外の行楽季節に応じて、様々な「トクトクきっぷ」も発売されるようになってきた。 今シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶴見緑地で孫達と過ごす

大阪市の代表的な公園は9つ挙げられる。 城北公園、花博記念公園鶴見緑地、毛馬桜之宮公園、中之島公園、靭公園、大阪城公園、八幡屋公園、天王寺公園、長居公園。 中でも、1990年に開催された「国際花と緑の博覧会(花の万博)」の会場跡地を整備した「花博記念公園鶴見緑地」は、約126haと一番広大な敷地を有し、自然、スポーツ、レ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初秋の近郊ドライブ&ハイキング

毎日休日生活を送ってる我が身にはぴんとこないが、今月2度目の3連休初日。 朝から久々の晴天と、初秋の冷気に誘われ、お馴染みの近郊ドライブ&ハイキングに出かけた。 最初に向かったのは道の駅「しらとりの郷・羽曳野」。 ここにある農産物直売所「あすかてくるで」で新鮮野菜の買出しを、と家をスタートする時間も見計らい、オープ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一週間の出来事

♪♪ 日曜日に市場に出かけ土曜日はおしゃべりばかり ♪♪ 「一週間」という歌があったが、今週は毎日あれこれ行事があって、アッと言う間の一週間だった。 月曜日 家人が小学校へお勤めの日、"主夫"業に専念。 夕食には「グラタン」を作ってみた。 火曜日 毎週火曜日午前中は「クラインガルテン・東住吉」でのボランティア作業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新秋の近郊ドライブ

「道の駅」には、ドライバーに対する“休憩機能”、地域ステーションとしての“情報発信機能”、まちとまちが手を結ぶ活力ある“地域の連携機能”があると云われる。 大阪近郊の「道の駅」は、新鮮な野菜や果物、花など産地直送マーケットとして、“地域の連携機能”が特に充実している。 時々利用する南阪奈道路沿い「しらとりの郷・羽曳野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【西国三十三所】十六番 音羽山清水寺

中学校修学旅行先ランキングNo1は京都、見学地ランキングでは清水寺が第4位。 高等学校修学旅行先でもNo1は京都で、清水寺は第6位となっている。(平成18年度) 6月23日(木)梅雨明けを思わせる晴天の平日午後、京都清水寺は修学旅行生で大賑わいだった。 外人観光客も目に付き、"観光日本への復興"の兆しも感じられた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塔-12 国宝の塔を訪ねて【東寺】

JR京都駅近辺のランドマークタワーとして「京都タワー」が有名だが、古都京都のランドマークタワーは「東寺(とうじ)の五重塔」が相応しい。 その東寺は、「いつでも行ける」「今度は」と思いつつ側を通り過ぎたまま、国宝の五重塔の写真も撮れないまま今日に至っていた。 「時間が自由になったら、行ってみたい処に、気ままに出かけよう」と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more